FC2ブログ

【 磯じまん 】 山海ぶし&生のり

2016.03.23 21:09|食品&飲料水
磯じまんオリジナルの味
  山海ぶし 生のりが届きました


磯じまんは大正15年より90年間、瓶詰商品を製造販売している老舗。
数々の旨さ溢れるこだわりのご飯のお供を提供してくださっている会社なのです



DSC_9612_20160323190635871.jpg






山海ぶし
和歌山産南高梅の梅干を使用し枕崎産のかつお節と赤紫蘇をこだわりの配合でブレンドされています

DSC_9615.jpg

早速一口お味見☆
酸味は勿論ありますが、かつおの風味が効いていてまろやかな味わいで美味しい~


ご飯には勿論バッチリな合い性ですが、
生野菜のディップとしてもかつお風味がアクセントになってとっても美味しく頂けちゃうと思います

DSC_9618_2016032319063948a.jpg






続いて 生のり
伊勢志摩で採れた生の青さのりを100%使用しているそうです



DSC_9616.jpg

こちらもちょっぴりお味見☆

のりの香りと風味がうま~~っ! 
甘過ぎずしょっぱ過ぎず、のりのお味をしっかりと感じてこちらも正に絶妙なお味付け!

これはご飯すすんじゃうわ~  
それと、お豆腐苦手だけどこれを乗せたら何丁でも食べられそう☆

DSC_9619.jpg





早速朝食で頂いてみました


DSC_9636.jpg


ちくわの磯辺風☆

DSC_9638.jpg

ちくわを開いて真っ直ぐになるように楊枝に刺してフライパンであぶり焼きします。
美味しそうな焼き色が付いたら磯じまんの山海ぶし & 生のりを乗せて出来上がり☆
手軽にもう一品って時に重宝します☆

DSC_9634.jpg


もちろんご飯にも乗せて

写真は生のり乗せです♪
DSC_9640.jpg


DSC_9641.jpg

朝から美味しくって幸せ




それともう一品♪
お夕飯の小鉢です

~ごぼうと豚肉の山海ぶし合え~

DSC_9652.jpg






作り方

ごぼうをだし汁・みりん・醤油で煮ます。
めんつゆを使うなら飲める位の濃さで。

DSC_9644.jpg

ごぼうが煮えたら味が入る様に一度このまま冷まします。
その後また火にかけキノコを入れて火を通し煮えたら冷まします。

DSC_9645.jpg

豚肉は脂身が無い部分をゆでますが、ゆでる時に酒・みりん・醤油・砂糖を入れて軽く味が入るようにしています。


茹で上がったらごぼうと豚肉の汁気を切り山海ぶしと合えて出来上がり☆

DSC_9647.jpg

    ↓

DSC_9651.jpg

今回のキノコは白シメジを使いましたがシイタケでもシメジでも何でもOK

さっぱりと美味しい箸休めにピッタリな小鉢になりました♪



この山海ぶしは紀州南高梅と国産(焼津・枕崎)のかつお節を原材料に使用なのにお値段もびっくりする程リーズナブル
130g入り  260円(税抜)


ご飯だけじゃなくお酒のおつまみで野菜やお惣菜にチョイ乗せで簡単なのに立派なおつまみに変身させてくれるし♪
梅の美味しさとかつおの旨みでお肉やお魚のタレやソースとしてもいろいろ混ぜて活用できちゃう☆



これね、通常は関西を中心に販売されているらしいのです。。。。
でも今はインターネットの時代 便利ですね~
関東の我が家でも冷蔵庫に欠かせない存在になりそうです☆




磯じまん


山海ぶし



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ  磯じまん株式会社のモニターに参加しています。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

| 2019.12 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ

最新記事

最新トラックバック

最新コメント

フリーエリア

RSSリンクの表示

レビューブログ

トレンドリーダー

女性向けイベントやブログモニターならトレンダーズ

QRコード

QR

Powered by

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

検索フォーム

月別アーカイブ

  • ページトップへ
  • ホームへ